生きるそばから唾を吐きかけるのは やめてくれないか

たまに作った詩を載せてます
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
まるで小さなグッバイ

JUGEMテーマ:

 

 

昔からの友達だと思ってたから君の仕打ちがとても辛かったよ

 

バイト先の粗野で無神経な居酒屋の店長のほうがよっぽど親身だってことがはじめて分かったよ

 

これからはそうやって一つひとつを確かめていかなければならないってことを君が教えてくれたんだ

 

だけどそんなとてつもなくやっかいで 面倒くさくて悲しくて切なくて 膨大で気の滅入る作業を毎日続けていかなければならないって思ったらほんとにくじけそうだったよ

 

古い友達だったけどそれだけじゃ支えあう理由はないってことだ

 

君のことを思ったりする必要もないし 思われているという確かめようのないただの思い込みだけを頼りに都立家政のアパートに帰ることもないってことか

 

毎日がグッバイなんだ

 

グッバイの繰り返しってことだ

 

小さなグッバイを集めてその都度 君に贈るよ

 

 

 

 


にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

 

 

 

 

- | 22:22 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.