生きるそばから唾を吐きかけるのは やめてくれないか

たまに作った詩を載せてます
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
見えない雨が降る

JUGEMテーマ:

 

言葉を交わすことはあっても心を通い合わしたことはなかったわ

だから後ろのドアはいつも開けておいたの

いつでもすぐに出ていけるようにね

だけどそのドアを通り抜けることはなかった

新宿までは行けるんだけど

そこからさき結局のところどこに行けばいいのか判らないし

青梅街道を西へ向かってどんどん行こうとするんだけど

暑かったり寒かったり

寂しかったり悲しかったり

辛かったり独りだったりするんじゃないかって

ずぶ濡れになったりするんじゃないかってずーと思っていて

快適な部屋の食卓の椅子から離れられなかったの


だけど思いもしなかったわ

部屋中に見えない雨が降り注いでいたなんて

 

- | 21:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.