生きるそばから唾を吐きかけるのは やめてくれないか

たまに作った詩を載せてます
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
悲しみに酔いしれてうつむいて歩くとき

JUGEMテーマ:

 

悲しみに酔いしれてうつむいて歩くとき

ふと見上げると友達と呼べるお前がいた

励ますほどの言葉も持ち合わせないが

時折見せるお前の笑顔が目に浮かぶ



お前はお前でオイラはオイラ

それぞれの泣き笑いを噛み締めるだろう

会っているときは取り分け話すこともないが

離れているとお前の笑顔が眼に浮かぶ



幸せって何だと 酒に身を任せ

うまくやれよとため息ひとつ

だけどいつかは帰り行くさ

あのころ確かに息衝いていたんだと


 

- | 20:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.