生きるそばから唾を吐きかけるのは やめてくれないか

たまに作った詩を載せてます
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
中央線に快速が相応しいように

JUGEMテーマ:

 

どうして僕は君じゃないんだろ

どうして君は僕じゃないんだろ

僕が君であってもよかったはずだし

君が僕であってもちっともかまわないのに

僕は最初から最後まで君をやりとおせる自信にあふれているってのにさ

僕ならもっとうまく君をやれると思うよ

君が君らしくないことを言ったときなんか心底そう思うよ

ほら こないだ道を尋ねられたとき あっけなく分かりませんって言ったじゃない

そんなの君らしくないんだよ 分からなくても分かったふりして教えるのが君じゃないか

君は堂々と君をこなすべきだよ

僕ならもっとうまく君をやれるんだがな

それと横断歩道を渡るときはぜったい右足から踏み出すべきだよ

左足はやめたほうがいいって

なぜって 理由はないけど君には右足が相応しいんだよ

中央線に快速が相応しいようにさ



にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

- | 20:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.