生きるそばから唾を吐きかけるのは やめてくれないか

たまに作った詩を載せてます
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
京葉線はキミを見習うべきだと何人かの県民は思っているよ

JUGEMテーマ:

 

キミはキミ以外のなにものにもなる必要はなかったんだよ

キミにとってどうでもいいような存在の人たちの期待にまで応える必要はなかったんだよ

彼らはキミでなくてもキミ以外の誰でも良かったんだから

だからそんなどうでもいいことでへこたれることはないんだよ

たいていのことは夜明け前に片がついているさ



いつまでもそんなことにかかわっているとたまらんぜ

時には逃げ出さないと身体がもたないぜ

そうしたからといっても彼らが深く考えるところを見たことがあるかい

そんなことはただの一度もないよ

キミが彼らとともにいる必要はないしだいたい彼らはほかの誰でもないんだし


キミの身体は充分傷んでいるしそれ以上にハートはボロボロじゃないか

死にかけのホームレスと一緒にどこかの救急センターに運び込まれてもいいぐらいだよ

どんな風が吹いてもキミはやめようとしないしね 

京葉線はキミを見習うべきだと何人かの県民は思っているよ

だけどキミは彼らじゃないし

彼らはキミでなくてもキミ以外の誰でもいいって思っていることをキミは知るべきだよ



にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

- | 20:28 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.