生きるそばから唾を吐きかけるのは やめてくれないか

たまに作った詩を載せてます
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
僕たちがいるのはまるでそんなところ

JUGEMテーマ:

 

ダラダラとただ長いだけの坂をうつむきながら下っていた

約束通りに昇ってきた光が背中を照らしほどよいぬくもりが心地よかった

坂の途中にあるコーヒーテラスで本当は勝っていたかもしれない負けた人たちが

次のステージでやるべきことをひとり構想している

「正しくはなかったけれど間違ってはいなかった」と繰り返し言葉にしながら


「時間を超える存在がまだ見つからないんだよ」

負けたばかりの不機嫌な不動産屋が野太い声で

連れていたリードの先のチワワに語りかける


「本当のことを知りたくありませんか」

優柔不断な為替ディーラーがCCメールで世界中に送信している

何度も表示されるエラーメッセージ

震える指先がうまくキーボードを捉えられない


ダラダラと長い坂を下る僕たち

歩いている感触

失ってしまった足跡

そこに居ることが分かる偶然

対角線上のエントランス

僕たちがいるのはまるでそんなところ

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

- | 20:11 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.