生きるそばから唾を吐きかけるのは やめてくれないか

たまに作った詩を載せてます
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

JUGEMテーマ:

 

 

巨人ってどうかしてるよ

 

岩隈までとっちゃうんだもん

 

 

丸もなんで巨人なんだろうね

 

広島にいりゃあいいのに

 

せめてロッテにしてくれよって言いたくなるよな

 

どこかに行くんだったらさ

 

 

 いやーご褒美だよ10年がんばったんだからさ

 

 カープファンはどこに行ったって応援するから

 

 

金がすべてじゃないってところを見たかったよな

 

ねえ そう思わない

 

 

 ご褒美だよ10年がんばったんだからさ

 

 

あんたも随分頑張ってるじゃない 

 

10年じゃきかないでしょ

 

50年以上頑張ってるでしょ

 

何かご褒美もらったの

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ 

- | 18:41 | comments(0) | - |
キャロル・キング

JUGEMテーマ:

 

 

キャロル・キングって良いよね

 

あのころ君がキャロル・キングが良いよって言ってたのを思い出すよ

 

つづれ織りだっけ 最高だよって言ってたね

 

だけど僕はディランだけ聴いててさ

 

素っ気なかったかな

 

つづれ織りのことは つづらおりだと思ったりしてたよ

 

それでつづらって 舌切り雀に出てくる欲深いばあさんが背負ってたあのつづらのことを連想したりしてさ

 

何でだろう 

 

そうなんだよ 君の言うことの半分しか聞いてなかった

 

ごめんな

 

 

だけどほんとに久し振りにキャロル・キング聴いてみたけど 良いわ

 

 

 

 

 

- | 18:28 | comments(0) | - |
それで母さんのところに帰ったよ

JUGEMテーマ:

 

 

 

いま とても辛いだろう

 

見ていて分かるよ

 

毎日が不安で情けなくていたたまれなくて

 

逃げ出したいだろう

 

まだ始まったばかりなのに

 

早く終わればいいと思ってるだろう

 

これから思いがけないことばかり起こる

 

良いことのほうが少ないかもしれない

 

静かにやり過ごすことを選択することも多いだろう

 

そんな時はさ おれの場合だけど 大きく息を吸い込んだりしたよ

 

鼻から息を思いっきり吸い込んで胸を大きく膨らませるとさ

 

自然と顔が上向くんだ

 

そうすると少し ほんの少しだけど気分が上向くんだよ

 

気分が晴れるとまではいかないけど

 

ちょっとだけ上向くんだよ 気分が

 

そうして呼吸を整えてると

 

まだいけそうな気になったんだよな

 

単純だからさ

 

良くわからないけどそんな感じだったかな

 

オレの場合だけど

 

お前たちにはどんな出会いがあるのかな

 

お前たちが見てきた何かをいつか教えてほしい

 

お前たちの前に広がる世界をいつか教えてほしい

 

 

 

殴られたら殴り返してた

 

そうやって人を傷つけてきたよ

 

殴られてもいないのに殴りつけたりもしたよ

 

たくさんの人をね

 

確信を持ってさ

 

見境なくね

 

バカみたいだったよ ほんとに

 

世話になった人の好意を踏みにじったりもした

 

 

 

でも最初っからじゃないさ

 

そうしないと自分を保てなかった

 

自分が壊れそうだったんだ

 

分かるかな そんな気持ち

 

自分のことばかり考えてた

 

自分が傷つく前に誰かを傷つけてた

 

自分がどこに居るのかも分からず

 

東京中を彷徨ってる感じだった

 

いつから始まって いつ終わるのか想像が付かなかった

 

 

 

誰かに縋り付きたかった

 

だから誰でも良いから愛そうとしたよ

 

それでまたその誰かを傷つけてた

 

そんなことばかりさ

 

なんて身勝手なやつなんだと自分に嫌気がさしたりしてさ

 

ひどく落ち込んだりしてた

 

 

 

それで母さんのところに帰ったよ

 

何度も何度も同じことを繰り返してさ

 

何度も何度も母さんのところに帰っていったよ

 

そのたびに叱られてさ

 

そのたびに泣かれてさ

 

ほんとに情けなくて

 

ほんとに惨めで

 

でたらめで

 

消えてしまいたかったよ

 

それでも帰っちゃうだよな 結局のところ

 

母さんのところに

 

 

 

だけどある時気づいたんだ

 

遅ればせながらってやつだよ

 

ここに居て少しがんばってみよう って

 

少し踏ん張ってみよう って

 

そうしていまは何とかやってる

 

 

 

だからお前らも帰れよ

 

母さんのところへ

 

時々はラインを送ってやれよ

 

いつもお前たちを待ってるぞ

 

お前たちのラインだけを待ってるから お前たちの母さんは

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | 19:27 | comments(0) | - |
道路工事

JUGEMテーマ:

 

 

あの道路工事 センスないよね

 

右にやったり左に迂回させたり

 

美しくないよね

 

道路工事にセンス求めるのもアレだけど

 

どこかの誰かの何かにセンス求めるのもアレだけど

 

あの道路工事 センスないよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

- | 18:23 | comments(0) | - |
太ったソクラテスはどこにいる

JUGEMテーマ:

 

 

オレはオレをいつやめる

 

やりたくない仕事はやめたけど やってるのはやっぱりやりたい仕事じゃない

 

つまづいたあなたに「大丈夫」と声をかけている自分に酔いしれている自分をいつやめる

 

末期がんを宣告された医者の何割が積極治療を選択する

 

 

 

オレは車の運転をいつやめる

 

オレはたばこを吸うのをいつやめる

 

オレはコーヒーを飲むのをいつやめる

 

朝7時20分発の三鷹行きに乗るのは2年前にやめた

 

がむしゃらに頑張るのはとっくにやめている

 

腹立たしいことがある

 

腹立ち紛れにののしることがある

 

自転車で車の前を横切った爺さんについ「クソジジイ」と悪態をついてしまう

 

「愛してる」と言ったことがない

 

 

 

オレは良い父親であるのをいつやめる

 

オレは家に帰るのをいつやめる

 

行きたい所へいつになったら行く

 

やりたいことだけをいつになったらやれる

 

やりたくないことはいつやらなくてよくなる

 

近所の目を気にしなくて良くなるのはいつだ

 

 

 

オレはオレであるのをいつやめる

 

善良な振りをするのをいつやめる

 

オレは良い夫であるのをいつやめる

 

そもそもオレは良い夫なのか

 

 

 

ポケットに手を突っ込んで歩くのをいつやめる

 

興味のない高橋さんに心配を装って声をかけるのをいつやめる

 

よくわからない事柄をテレビの受け売りで話すのをいつやめる

 

政治家は政治家であるのをいつやめる

 

子供は子供であるのをやめる瞬間はいつだ

 

大人はいつまで大人のふりをする

 

同じことを何度も繰り返して言うばあさんを「うるせえクソババアだな」といつも思う

 

快く思ってない彼であっても無視するのは良くないと思いながらもよそよそしくしてしまう

 

煽られたら煽り返す

 

 

 

太ったソクラテスはどこにいる

 

生きるのはいつやめればいい

 

人は生きるのをやめてもかまわないのか

 

母さんはどうして諦めずに生きた

 

人は死をいつ受け入れる

 

彼女はどうして死のうとした

 

生きることは辛いのか

 

延命処置はしないと妻は言う

 

オレはどうする

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | 00:59 | comments(0) | - |
生姜焼き

JUGEMテーマ:

 

伯母さんが倒れたって連絡があった日

 

とりあえずは大丈夫だろうと思って風呂はいってたんだ

 

そしたら脱衣場に置いてあったスマホが鳴ってさ

 

出ようと思ったんだけどなんか身体が反応しなくてさ

 

出なかったんだよ 電話に

 

湯舟に浸かってたんだけど

 

浸かったままでさ 出なかったんだよ

 

出た方が良いかなと思いながら

 

出なかったんだよ

 

何でだろう

 

出なかったんだよ

 

死んじゃったのかなって思いながらも出なかったんだよ

 

伯母さんの顔を思い浮かべながらさ サヨナラなのかなって考えたよ

 

湯舟で肩出してさ さよなら伯母さんって思ったよ

 

 

 

おかしいなって思いながらもさ

 

伯母さんならその前に来てくれると思ってたからさ

 

いなくなる前にさ

 

じゃあねぇ って声かけてくれると思ってたからさ

 

何しろオレにとって特別な伯母さんだから

 

逝く前に何かあるだろうと思ってるわけ

 

なのでどうして来てくれなかったんのかなって考えたよ

 

だから ひょっとしてまだかなって思った

 

それで湯舟に浸かってたんだ

 

伯母さんならなんか合図するだろうと思ってさ

 

何しろオレにとって特別な伯母さんだからさ

 

 

どうしてそう思うかって言ったら

 

伯父さんがそうだったんだよ

 

逝く前に教えてくれたんだ オレに

 

朝の4時半ごろだったけど

 

ふと目が覚めたんだ

 

そしたら電話が鳴ったんだよ 当時 黒電話だったけど

 

その黒電話に出ると 伯父さんが倒れたって うちのお袋が言ってるわけ

 

それで急いで起きて駆け付けたら逝っちゃてたんだよね

 

そんなこと初めてだったから

 

今でもよく覚えてるよ

 

 

だから伯母さんも何かあるだろうって思ってるわけ

 

逝くときにはさ

 

だから風呂から上がった後にさ 生姜焼き食ったんだよね

 

何でかって言うと 食卓に生姜焼きが準備してあったんだよ

 

だから とりあえず食ったんだよ 生姜焼きを

 

電話もせずにさ

 

電話して伯母さんがやっぱり だめだってことになったら

 

生姜焼きなんか食ってる場合じゃない じゃない

 

だからとりあえず食ったんだよね

 

うまかったよ 生姜焼き

 

小振りの豚肉に生姜ダレがよく染み込んでて 久し振りにうまいと思ったよ

 

どっちかっていうと 小振りの方が好きなんだよね 豚肉の切り方としてはさ

 

どーんどーんと無造作に大きな豚肉より 生姜のよく染みた薄めで小振りの方が好みなんだ

 

そんでキャベツの千切りを生姜のタレにからませて食うのって最高だよね

 

添えてあったのは普通に手切した素朴な千切りキャベツだったんだけど

 

それはそれで良しとしてさ

 

欲を言えばキャベツもさ できればほんとの千切りが良いんだよね

 

あのサボテンとか和光で出てくるやつ

 

あの千切りキャベツがうまいんだよね

 

昔は3回くらいおかわりしてたよ

 

ご飯といっしょにね

 

最近行ってないけどね まだやってるのかなおかわりキャベツ

 

あの千切りもマシンでやってるんだよね

 

あんなの誰かが手切りでやってたら腱鞘炎になっちゃうよな

 

実は千切りマシン使ってたことがあるんだ 昔のはなしだけど

 

すごいよな あの機械 色んなメーカーが出してて何て名前かは忘れちまったけど あっという間に千切りだよ

 

当時プラスチックのタライで受けてたけど ほんとにあっと言う間だから

 

千切り山盛りだよタライに

 

千切りってより 万切りって感じだよな 仕上がったキャベツのあの細さ見てると

 

 

それで 電話してみたんだ

 

伯母さんのことだけど

 

伯母さんの妹にさ 電話したんだ

 

叔母さんからの着信だったから

 

オレにとっては叔母さんになるわけだけど

 

生姜焼きを食い終わった後にね 電話したわけ

 

そしたら大丈夫だったよ 結局のところ

 

 

それで思ったよ

 

もっと早く電話してもよかったかなって

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | 19:05 | comments(0) | - |
面と向かって

JUGEMテーマ:

 

 

あれやろうかな レーザーでシミ取るやつ

 

 

 気になるんだ シミ

 

 オレは気にならないけど

 

 シミがあるなくらいにしか思わないけど

 

 やっぱ気になるんだ

 

 

 ありがとう いつも

 

 変わらないよ 君は

 

 神田佐久間町の事務所で初めて会った時のままだ

 

 頑張ってくれて感謝してる

 

 ありがとう

 

 

 崩れそうだった

 

 支えてくれてありがとう

 

 

 情けなくなるから面と向かって言えないけど

 

 ありがとう 感謝してる

 


 君を大切に思ってる

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | 18:04 | comments(0) | - |
チャイムのボタン弐

JUGEMテーマ:

 

 

あと1ミリってところで固まっちゃったんですよ 人差し指が

 

チャイムのボタンのあと1ミリのところで動けなくなったんですよ 固まっちゃって

 

分かりますぅ

 

息ができなかったんです

 

固まったままで

 

それが何時間にも感じられて

 

ほんの一瞬だったんだけどもう何時間にも感じられて

 

運よく人通りがなかったから良かったけど

 

不審者ですよね 他人んちの前で固まってるのって

 

それでそこら中の家の中から見られているんじゃないかって思ったりして

 

汗たらたらですよ

 

でも固まっちゃってて

 

押せなかったんですよ

 

チャイムのボタン

 

何なんですかね 私って

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

 

 

 

 

 

- | 22:35 | comments(0) | - |
チャイムのボタン

JUGEMテーマ:

 

 

紹介されたから行ったんですよ

 

でもね押せなかったんですよ

 

チャイムのボタン

 

押せば私の収入になるのにですよ

 

親の知り合いのその知り合いなんですけどね

 

でもダメなんですよ 私

 

押せなかったんですよ

 

誰だお前って言われそうな気がして

 

何しに来たんだって顔されんじゃないかと思って

 

何でそんなことやってんだって蔑まれそうで

 

押せなかったんですよ

 

チャイムのボタン

 

これで喰ってんのにですよ

 

これが仕事なのにですよ

 

わざわざ行ってんのにですよ

 

そのお宅まで

 

玄関のチャイムのボタン

 

押せなかったんですよ

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

 

 

 

- | 17:05 | comments(0) | - |
君が匂い立つ

JUGEMテーマ:

 

 

オレは君に相応しくないか

 

オレは君に値しないのか

 

 

このまちを歩けば君に当たる

 

このまちを想えば君が匂い立つ

 

 

 

 

オレは君に相応しくないのか

 

オレは君に値しないのか

 

 

このまちを歩いてオレはオレに寄り添う

 

このまちで君の声が聞きたい

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 今日書いた詩へにほんブログ村



詩・ポエム ブログランキングへ

- | 22:52 | comments(0) | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.